最後のFCR報告

ご存知の通り、この度ZZR1100(C型)からZX-12R(B型)へ乗り換えたため
ほぼ趣味と化していたFCRキャブセッティングは途中終了となってしまった。

最後まで追求してみようと・・・。 

とかって以前の記事を見たような気がする方はバサっと忘れちゃってください!

でも、2年も掛けてセッティングしたからせっかくなので
自分なりの体験や予想をセッティングも含めて簡単に取りまとめてみました。
ご参考にどうぞ。(我流の為、参考程度でお願いします。)

050718-1 俺が使用していたのは

ケイヒン製ZZR1100用 FCR 41Φです。
  

 

   

「公道は39Φの方が走りやすいよ。」とか聞いてましたが

「やっぱりデっかい方を付けたいっ!」ってのが人間心理ですよねー。

出荷時データ:メインジェット(以下MJ)160、パイロットジェット(以下PJ)60
ジェットニードル(針、以下JN)OCEMV、 JN段数(下から)4段目(中間)
マフラー:DEVILステン+カーボン

FCRはポン着けでもそこそこ走りますが聞いた話ではZZR1100の場合

“ガスが薄い”っとの評価を多く受けているようです。

実際に乗った感触も下の領域は全然ダメ。
そもそもレース用ですからね、そりゃ~、下の領域はダメでしょうな。

公道で乗りやすく!を基本に下の領域を重点的にセットアップしてみました。

俺の場合はセッティング中にパワーチェックをしましたが
できればポン着け後にシャーシダイナモのパワーチェックを行った方が

セットの方向がわかりやすいと思います。

測定時:MJ=#175、SJ=#55、PS戻し1 回転、AS 2+1/2回転戻し、

JN=OCEMQ、下から2段 パワーフィルター

測定結果で一番気にしたいのは空燃費です。
理論上の理想値は12:1だそうです。
これはガソリン1に対して空気12 ただしあくまでも理想値なので本当の調子は車種によって変ります。

焼付きや燃費等も考慮して13~14くらいが適度な値らしいです。

050717-4 このグラフから

4000~5000回転でチョイ濃、

5000~6000でチョイ薄、

6000~7000でチョイ濃

トルクは5000~6000で谷があります。 

4in-1のマフラーですので谷があるのはよくある事らしいですが

6000からの吹け上がりでドンツキ傾向があったのでデータは正直ってことでしょうか。

「谷の後にはドンツキが来る。」これでは走りずらいですよねー。

7000~徐々に濃くなり10000~は激濃くなってます。(これではパワー出ません)

セッテイングはいかに谷を無くし、空燃費を一定に保つかが“カギ”になります。

FCRの基本は低回転域~スロー(パイロット)→ニードル太さ→ニードル段数
中間回転域~メインジェットで調整しますので
4000~7000回転のフィーリングを変えるにはニードルを調整したいですねー。

でも、気をつけなければならないのはこのグラフの曲線は3000回転からほぼアクセル全開状態ってとこ。

アクセル開度=回転数と判断してはいけません。

従って、マフラー特性も十分ありますがニードルの調整だけでなくMJの調整も不可欠と思います。
事実、MJを#170にしたら少し吹け上がりが良くなりました。

谷の前後にも気をつけたいですねー。
トルク谷の空燃費が14とそんなに悪くないのですが谷の後にドンツキが来る
ので4000~7000の空燃費の山がスムーズになるよう調整します。

ここではジェットニードルのクリップ段数を下から3段目にしました。
これもドンツキ傾向が薄れ、乗りやすくなりました。

測定後変更: MJ=170、PJ=55、JN=OCEMQ、 JN段数(下から)3段目

ここでZZRを手放してしまったためFCRのセッティングも終了。

ここからは想定です。

MJとニードル段数変更でフィーリングに変化が出たので方向としては
悪くないと思います。

MJは#170にしましたが出荷時の#160か#165くらいが良いと思います。
ジェットニードルはOCEMRかSが良いと思います。

っで、次にやりたかったセットは次の通り。

最終変更: MJ=165、PJ=55、JN=OCEMR、 JN段数(下から)3段目

マフラー特性にもよりますが

結構、いいと思いますよ。 試してみてくださいな(^^)

ちなみにこれはパワーフィルター仕様の場合ですからね、念の為。

  

さてっ、この週末は早くもインジェクションコントロールでっせー!

てなわけで!○人気ブログランキング○←ここいらポチっとご協力を!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

いいな、インジェクション・・・。

051204-1 う~ん、FCRセッティングを始めてから2年が経過してます・・・。

「ショップに出しちゃえば?」 って?

  

まっ、それもあり! なんですけどね。

できたら、”自分の味!”みたいなのを追求したいくらいでして・・・。

今のところすこぶる調子が良くて低速からのアクセル急開時にも機敏に反応してくれて

「俺のセッティングも捨てたもんじゃないな。」 なんて自己満足してるくらいですが

気になるところが幾つかあるんです。

  

1.プラグ真っ黒。

2.エアー(スロー系)が決まらない。

3.吹け上がりが気にくわない。

  

1.と2.は少し連動している問題だと思うんですけど

現在のスロージェットは#55、スロースクリューは1と1/4回転戻し

エアージェットの調整すると3回転以上回っちゃうんですよ。

ただスロースクリューを絞ると出だしに違和感があるので戻したくないし。

好みを探るとプラグが真っ黒になっちゃうって困ったもんです。

次回はスロージェット#53にして試してみっかな。 

  

3の吹け上がりはね。るぱんさんのヨシムラMJNの吹け上がりが異常的な良さなんですよね。

こんなに違うもんですかねぇ~。FCRとヨシムラMJNって・・・。

だ、もんでメインジェットをちょっと絞ってみようかと思います。

現在は#170から#165くらいに

さて、どう変化が出るか。。。

  

う~ん、まだまだ時間が掛かりそうだ、トホホ(泣き

  

まっ、今はインジェクション車が出てるし、今後はインジェクションが主流になりそうなので

「んっ?キャブって何?」 なんて時代が来るんでしょうね、きっと。

  

だって・・・。

  

051204-2 インジェクション車ってこんなんなんですよ!

行きつけのZETA-ONEさんで見せてもらいました。

  

パワーコマンダーさえあればUSBケーブルでパソコン直行ですよ。  

「ここのパワーをあーして、こーして。」 なんてパソコンでサクサクっと完了ですよ。

  

「すっげー、楽チンじゃん!!」

 

あー、欲しくなってきた、新しい(現行型)の単車が・・・。

  

でも、出先でインジェクションの調子が悪くなったらどーすんだろう?

壊れたってあんまり聞いたこと無いけど俺には直せないね(キッパリ)

まっ、FCRセッティングの俺の趣味みたいになってきちゃったから楽しいので

最後まで追及してみようと思う、”自分の味”をね。

てなわけで!○人気ブログランキング○←ここいらクリックしてみてね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

なんて暑いの?

いやいや、どうなってんでしょう、この天気?
少々暑いが「秋だからなぁ~、上着は羽織って行ったほうが・・・。」とウィンドブレーカーを羽織ってMyマシンのメンテナンスのため行きつけの上野ZETA-ONEさんへ。

まじ、暑いっす。サウナ状態っす(^_^;)

10月の気候とは思えん!

これからメンテナンスと思うとちょっと引き気味・・・ エンジン熱いし・・・

本来であれば土曜、日曜の2日間はZZR1100とZEP750のメンテナンスをみっちり腰を据えてやりたかったが昨日は体調不良の病み上がりで一歩も家から出なかった。(昨日のほうが少し涼しかったかも・・・)

そんなこんなで今日は2台のメンテナンス!

野球で言えばダブルヘッダー、バイクレースで言えばSBK(2ヒート制)!

んなぁことはどーでもいいのだが午前中はZZR、奥さんが居ないので単車を換えに一旦家に戻り午後はZEPです。

へっ?奥さんは何処へ?


ゴルフ行っちゃいました・・・ 箱根へ・・・ 走りじゃないの?

でも奥さんゴルフしながら思ったそうです 

「今日の箱根の天気はゴルフより絶対ツーリングでしょー!」


よしよし、えらい!(何が?)

奥さんのスコアが気になりながらも俺はせっせとメンテナンスです。


まずは俺のZZR1100のメンテナンス。

FCRのセッティング、フィーリングには不満は無かったのだがここ最近エンジンの掛かりが悪い。
プラグのスパーク力が鈍っているような気がする。
カーボン溜まりまくってるのかも・・・

案の定・・・ プラグ真っ黒!です(^_^;)

わざと濃い目のセッテイングで”ツキ”をマイルドにしていたのだが少しづつカーボンが蓄積されたようだ。

今回はクリップ位置を1段上げて7段中下から3段目に変更。 ついでにプラグ交換。

一旦帰宅の際にフィーリングを確かめてながら走ってみたが少々ドンツキの症状があるような気がする。

はたして峠はどうなのか?  
まぁ、この状態で試してみることにしよう。


さて、2台目はZEP750です。

マフラーのエンブレ時 ”バラバラ・パンパン” 音を解消すべくスロージェットを換えてみる。

”バラバラ・パンパン”はエンブレ(全閉)時、ガスが薄いのがセオリー(マフラーの抜けが良いから)なので
ノーマル#35→#45に交換してみる。

エンジンが温まるまでは「うぉ?よいかも。」と思いきやエンジンが温まるととたんに機嫌を損ねる。

走りません・・・ アクセル開でも”バラバラ”言います。

#38で再トライしてみると”バラバラ・パンパン”から”ボロボロ・ホロホロ”に(こんなんで伝わるのか?)

全閉時は着実にフィーリングが良くなった。#40くらいが調度良いのかも知れない。

パイロットスクリューの調整はプロ(ZETA-社長)にお任せ。

最近、スクリューの調整はまず自分でやってみてプロとの違いを良く観察してみる。
アイドルより少し高いくらいの回転数だと 「そこ!」 ってのが判りやすい。
お勉強になりました。 どうもありがとうm(__)m

本日は時間切れのためこの先は次回に持ち越し、再度腰を据えて再トライとしよう。

おーっとブログ書いてたらMotoGP始まりましたよ!  でも125からかぁー・・・

寝ます・・・

てなわけで!○人気ブログランキング○←ここいらクリックしてみてね!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

くやしいから・・・

昨日のパワーチェックでまんまと玉砕をくらったので少しセッティングを変更してみた。
今日の作業メニューはメインジェット175→170へ、K&Nパワーフィルター洗浄、キャブレターヒートガード追加の3項目。
いやぁ~、しかし今日は暑かったー(^_^;)何度、「暑いからもうやめよう・・・。」
とめげそうになった事か。

昨日のライコランドの店員さんによると
「高速回転域の空燃比(空気燃料比率)は少々濃いものの間違っている訳では無くむしろベストの状態に近いですね。」
「ダウンドラフトの場合キャブがエンジン寄りになる傾向があるのでキャブがやたらと暑くなる。」
「暑くなると濃い口になるし、ZZRはタンクでキャブを覆ってしまうので熱がこもりやすい。」
「キャブレターヒートガードを装着してみては?」
等々わかりやすく説明してくれた。

ん~、そうかなるほど~。では!
フィルターは掃除したことないし、掃除したら空気流量が少し変わるし、ヒートガードも装着しちゃうし、MJ165の時に峠道で違和感あったのでメインジェットは
170番で決めてみた。

050718-1装着後はこちら(^^)フィルターも赤いオイルでほんのり赤化粧。ヒートガードは汎用品を購入したので合わせるのに少々手こっずったが無事に装着完了。
パイロットスクリューは前回1と1/2回転→1回転にした時ちょっと違和感があったので1と1/4回転戻し。
後はエアスクリューで調整。

試乗インプレはかなり好感触(^^)「やっべー、また速くなっちゃった(^_^;)v」
ちょっとアイドリングが不安定なのでエアスクリューの調整が甘かったかも・・・
フィルターオイル塗りたくっちゃったんでこいつが悪さをしてるかも・・・
メインジェットの効果ではなくてフィルターが汚なかっただけだったりして・・・

まぁしばらく様子みてみましょうー。早くもう一度パワーチェックしてみたい・・・(^_^;)アハハッ

てなわけでこちらもよろしくね!○人気ブログランキング○←ここいらクリックしてみてね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ落ち込み(T_T)

我愛車のFCRセッテイングも落ち着いてきたことだし、1年以上かけて自前セッテイングした成果をデータで見てみようとライコランド東雲へ行ってパワーチェックを試してみる事にした。

050717-2パワーチェックはダイノジェット社のシャーシダイナモを使用している。
バイクを預けて自分はガラス越しに店内から観ることができる。
今日は会社同僚のLupin5さん夫婦が「応援?」に来てくれました(^^)夫婦で大治郎ヘルです(・_・)
彼のGSF1200もヨシムラMJN装着後こちらで測定し、なんと!120PSオーバー!だったそうです。
GSFのノーマル馬力がたしか97PSだったと思うからMJN効果はすばらしい!しかも後軸でですよ(◎_◎;)

そんな訳で俺もFCR効果があるに違いない!と意気揚揚(^^)
俺のセッテイングコンセプトは"乗りやすさ重視!"まぁあたりまえの事だが・・・
追求していくとどうしても濃い目のセッティングになってしまうので濃いことは想定内だった。
「もう15年前の単車だしパワー落ちしてると思うけど後軸130~140PSくらいで満足かなぁ。」
ノーマルカタログ値は147PSだと思ったから後軸で10%減+古いから10%減+FCR効果20%
で141PSなんて勝手な想像をしていた。
セッティング値はこちらMJ175、SJ55、PS戻し1 回転、AS 2 1/2回転、JN OCEMQ、6段 パワーフィルター
まぁ、あまり高望みはしていなかったがセッティングの方向性が間違ってなければね。

パワーチェック価格は何種類かあるが今回は4速ホールドの馬力、トルク、空燃比測定で3150円(税込み)です(^^)

050717-3さぁーて、バイクに火が入り、いよいよ測定開始!
パワーチェックの事前申込書のに「レッドゾーンに入れてもよろしいですか?」なんて書いてある。
レッドゾーンに入れなければ最高出力の測定にならないが "はい" に○を書くのは少し躊躇があった腰抜け野郎なので「たのむ~壊れないでおくれ~。」なんて祈ってみる(^_^;)

バァオォォーーーーン

測定状態は店内からモニター監視できる。
エンジンも壊れずに無事に終了(ほっ)

「さぁーて、測定結果は? ってあれれ (・_・)・・・・。」

「んっ121PS?  うそーん(T_T)」

想像を遥かに下回ってしまった(T_T)・・・・

050717-4測定結果はこれ。(見にくくてm(__)m)
トルク5500回転の谷はマフラー特性との事。デビルのエキパイは4-1。
4-2-1の方が街乗りに向いているそうだ。
低回転領域はそんなに悪くないが高回転領域は濃過ぎ?で頭打ち状態かも?
メインジェット175は大きいね。「こいつを治せば良いかも・・・。」

店員さんも「決して間違った方向性ではないですね。」と言ってくれた。
それだけでも充分です(ほっ)

またキャブをいじくる楽しみ?(苦労?かも?)が続きます・・・

そうそう、お世話になっている上野のバイク屋さんの一つ、モト・エイトさんがHPを新しくしたそうです。
おめでとーございます(^^)リンク貼っときますね(^^) 

てなわけでこちらもよろしくね!○人気ブログランキング○←ここいらクリックしてみてね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セミラジアルブレーキマスター

以前からブレーキのタッチに不満があり「キャリパーに問題があるのか?マスター?パッド?」なんて悩んでいた。ちなみにパッドはプロジェクトμのレーシング用で、こないだの奥多摩に行った時に気づいたのだがガンガン走り込んでブレーキの熱が上がると効きが良くなって行く感じ(こんな感覚は初めてだった)。これはこれで、安心感もあるのでOK。キャリパーは少々不安が残るもののマスターシリンダーから交換して見ることに・・・
050612
装着後はこんな感じ。以前(ニッシン別体式)と同じものだと面白くないのでセミラジアルなんてのを購入してみた。字のごとくノーマルとラジアルの中間角度で配置されている。肝心のタッチはと言うと「おーーっ?いいんじゃなぁ~い?」握った分だけ効いてくれるって感じ。どちらかというとパッドもそうゆう特性(握った分だけ効く)なのだがWで効果がでた感じ。やっと好みのタッチを得られる事ができました(^^)
以前は初期動作でガツン!と効くのが好きだったが峠はこちらのほうが数倍安心感があります。「あぁ~早く峠で試して~。」(あっ梅雨に入っちゃったけ(^_^;)我慢、我慢) キャリパーはノーマルながらここまで良くなったので上出来です(^^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

FCR装着レポート

半年前ほど前にキャブをいじって以来FCRセッテイングの詰めはしていなかった。まぁ、これと言って調子が悪い訳でもなかったからだが会社の同僚Lupin5さんのMJNの吹け上がりをみてから「もう少し俺も詰めてみっかー。」と思っていた矢先、欲しいと思っていたセッティングパーツが手に入った。
先日、奥多摩にいっしょに行ったトムさんの欲しいパーツと俺の欲しいパーツそれぞれ自分でストックしている物だったのでめでたくトレードとなった。仲介してくれたのはomisさん「トムさんのもninさんのも同じパーツにしか見えないんですが・・・。」
omisさんが言うものごもっとも。ジェットニードルと言うこのパーツ、普通はクリップの段数くらいを調整するだけだがケイヒンFCRには何十、いや何百通り(種類)もある。が、どの領域の力をだしたいかはセッティングマニュアルに書いてあるのでそんなに悩まなくてもOKです。
今回入手した物はOCEMQ。ストレート径が前回より(前回はOCEMR)少し細い=濃くする方向でセッティング。
下の領域(3000回転以下)はかなり良くなってきたが、あともう少し力が欲しい。

050515-1
さて、ジェットニードルの交換ついでにしばらく開けていなかったプラグを見ると意外な事に気づく。外1番、4番と中2番、3番の焼け具合が全然違っている。「ん~なぜだろう?」ファンネルの時は無かった症状。
勝手な想像だが俺のFCRはパワーフィルター仕様。フィルター外側がちょうどタンク側面に近いので空気の流量が均一でなくなるのではなかろうか。(右が1番、左が2番)
ついでに同調も合わせて見ることに。「新品購入だと同調くらい合わせて出荷が当然だろう。」と思ったが以外に合っていないなかった。

050515-2
無事装着完了!早速エンジンスタート( ̄ー ̄) 「おっ?良いかも、この吹け(^^)」
今回データ MJ175、SJ55、PS戻し1 回転、AS 2 1/2回転、JN OCEMQ、6段 パワーフィルター
下が無いと3000回転くらいからいきなり吹けあがるが、ほぼこれで改善できた。
力もあるし街乗りは快適!あとは峠で試乗といきたいね(^^)
どうぞお試しあれ!

050515-3
そうそう、今回はハイスロ用アクセルインナーも換えてみた。
ハイスロだとロングツーリングはさすがに疲れるので小径の物に交換。
こんなに違います(^_^;)これで快適になりました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆オイル漏れ発見!

先日、止めてあるZZRの下部にオイル漏れの痕跡を発見!

1年前に北海道へ行った時はヘッドオイルホースの付根からオイルが漏れており、直したばかりだったが今度は左側からもれている。

「なんだろう?」

結構年季が入ってきてるので各所傷んできたみたいだ。

oil1

原因はこれ!ウォーターポンプ!他のメーカーはわからないがオイル側と水側を隔てるシールがよく傷み、水側とオイルが混ざらないようにわざとオイル漏れをおこすらしい。 早速部品を注文し後日交換作業に入る。

ただ、交換したい部品は駆動軸にあるシールだけなのだがウォーターポンプアッシーでないと部品が出ないらしい。価格は¥12,000くらい、痛いoil2出費となってしまった(-_-;)

ポンプをはずす際は少量にオイルも出るので受け皿を用意しておくと良いでしょう。当然ラジエターの水は抜いてね(^^)軍手も忘れずに!(素手でやったら指切っちゃいました(^_^;))

oil3これが新しいポンプ。駆動軸と黒い本体の間に小さな穴があります。ここからオイルが漏れてきます。

                              oil4

無事に装着完了!アッシーだったので意外と簡単でした。ついでにエンジンオイルも交換し、オイル漏れもなし!しばらく大丈夫だと思います。 

oil5

ここでいつもお世話になってるバイク屋さんを紹介上野のバイク街裏路地に有るゼータワンさん。

よく「このお店はガンダム好きなのですか?」と聞かれるらしいが、その通り(^_^;)ガンダム好きとの事。店員さんもやさしく丁寧なのでいつも感謝してます。

上野のバイク屋さんでもう一つモトエイトさんにもお世話になってま~す(^^) H君交換の手順ありがと(^^)

ついでに(ついでと言ったら申し訳ないのですが)上野パーツセンターさんもお世話になってま~す(^^) 上野にはお世話になりっぱなしで~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

☆FCR装着に挑戦!

fcr今回はZX-11、ZZR1100にFCR装着のレポートを紹介!
もともとエンジン関係の改造は昔から相性が悪いのか良い思いをしたことが無く、ツーリング先でトラブルになるのが嫌でいじくらなかったのだがここ最近やることも無くなってきたことだし、FCR装着を決意!
新品を購入して試してみることにした。
が!思いのほか面白く奥が深い!ファイナルファンタジー好きの俺としては、まるでRPGでもやっているかのように、はまってしまった。
仕事の合間の休日にセッテイングをしたため現在までで18回、日数にして約1年も掛かってしまった。やっと自分の好みの味が出てきたので、公開してみようと思います。「FCRは専門ショップに任せないと・・・。」
と思っている方、自分でもできます!FCRは下の領域が出ないな~。
とお思いの方、あきらめてはいけません出せます!鬼加速です!
燃費は悪くなると思いましたがなんと上がってしまいました!
ノーマル時ストリート1L/15kmが18kmになりました。
ただし、これは私個人の好みなので「そのセッティングは違うだろう?。」
と思われる方もいらっしゃると思いますが何卒ご了承ください。

ケイヒンFCR 41φ
1回目 MJ160、SJ60、PS戻し1 1/2、AS 3回転以上、JN OCEMV、4段
インプレ:最初はポン付けで調子をみてみたが「何これ全然走らないじゃん。」が第一印象。3000回転まではまったく力が無い。ドンツキが激しく低回転域でシュルシュル空気を吸う音だけして加速感が得られない。

1回目の感じを基にして1箇所換えて走ってみる。でないとどこが悪いかわからない。

MJ175:そもそもFCRはボアとの流量を考えて出荷時に適正なパーツを取り付けしているようだがZZR1100はピストンストロークが短いのか一回転あたりの吸気量をかなり必要とする感じがする。
160→165→175まで上げ、頭打ちが無いしフィーリングも悪くないので175に固定。

SJ55:レース仕様だったら60や65位でもいいと思うがストリート仕様なのでSJで低回転域のガスを調整するのはアイドリング領域が上がるだけであまり感じが良くない。事実ASの効きが出ないしアイドリング調整も効かないアイドル重視と考え55に固定(53位でも良いかも・・・)

PS:装着後は調整が困難なので戻し1 1/2に固定あとはASで調整。

AS:マニュアルでも記載がある通り3回転以内で調整、3回転以上はいくら回しても変化が無い。

NJ段数:フィーリングが一番良い所で固定。今回は6段が一番よかった。
5段だと出だしが鈍く、7段だと濃過ぎ(チョークを引いている感じ)。

NJ:まさかここまで上げるとは思わなかったが一つづつ上げて行きOCEMVからOCEMRに変更。基本は急開時シュルシュル音を無くす。
ヒュルヒュル音はOK。空気だけ吸っている音を消す。

フィルター:始めは赤ファンネルで合わせたがK&Nパワーフィルターに交換瞬発的な空気流量を抑えるためストリート向き

加速ポンプ:下の領域を加速ポンプで出すのは×
本来のセッテイングも出せず、燃費も悪くなる。アクセル開度1/4くらいからで調整。

結局 MJ175、SJ55、PS戻し1 1/2、AS 3回転、JN OCEMR、6段 パワーフィルター

が今まででベスト!ロング走行では1L/20kmの燃費が出ました。
力が出ればアクセルを開けずに走行できるからと思います。
これからファンネルで試してみようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我ZX-11(ZZR1100)!

今日は自分のマシン紹介でもしちゃおっかな(^^)
zx11y

zx11t

かつて市販史上最速を誇ったKWASAKIのフラッグシップ。ご存知ZZR1100です。
ZZR全般的に好みのスタイルですがC型(初期型)のテールラインに惚れこんでしまいました。
もともと80年代にレプリカブームがあった頃カワサキだけGPZ400Rの変な格好をしたバイクを出しており、当時は買う気すらなかったスタイリングだがなぜか年が経つにつれ独特のフォルムに轢かれるようになっていった。
しかもZZRの前はGPZ400Rの購入経験があり、大型に乗るならZZR1100に乗りたいと思っていた矢先、行きつけのバイク屋さんが「上物のC型入ったよ!、免許取ってくれば?」
「まっじっすか?じゃあ買います。」と免許も無いのに即買い!そこからは鮫洲に通い5発目でようやく合格。
やっと手に入りました(^^)
購入してからちょこちょこいじくってますが改造個所はまたの機会に投稿します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)